11月 19

フクロウ

2014年10月1日搬入 (千葉県 千葉市)

 

10月上旬にフクロウが保護されました。

 

フクロウは保護された時、衰弱していて栄養不良もみられたので、

病院で給餌や保温などの治療を行いました。

 

保護されてから1ヶ月以上が経ち、徐々にですが体重も増え回復してきましたので、

11月の上旬に放鳥しました。

 

~放鳥当日のフクロウ~

フクロウ2014.10.1保護2014.11.7放鳥1

元気に飛んでいきました!

9月 12

チョウゲンボウ

2014年8月22日搬入 (千葉県 市原市)

 

8月下旬にチョウゲンボウが保護されました。

このチョウゲンボウは民家の屋根の上のアンテナに引っ掛かっていました。

 

そのためか、脱水の症状と舌の切り傷がみられたので治療しました。

 

最近では、自分でエサも食べるようになり飛行することも可能でしたので今日放鳥しました!

 

 

~放鳥当日のチョウゲンボウ~

チョウゲンボウ2014.8.22保護2014.9.12放鳥 1

無事に飛んでいきました!

 

8月 13

ツバメ

2014年8月4日搬入 (千葉県 山武市)

 

8月上旬にツバメのヒナが保護されました。

保護された時は衰弱していたため、病院で保温や給餌などの治療を行いました。

徐々に体力も回復してきましたので、先日放鳥しました!

 

~放鳥当日のツバメ~

ツバメ2014.8.4保護 2014.8.6放鳥2

 

ツバメ2014.8.4保護 2014.8.6放鳥4

 

 

 

 

 

7月 18

キジ

2014年7月8日搬入 (千葉県 大網白里市)

キジ      2014.7.8   保護2014.7.18   放鳥2

農業用ネットに引っ掛かってしまったキジのヒナが保護されました。

右脚にネットが絡んでしまい、そのため脚の血行が悪くなり立つことができなくなっていました。

右脚は残念ながら断脚する形になってしまいましたが、

その後、片脚だけでも元気に走り回れるようになったため、今日放鳥しました!

 

キジ      2014.7.8   保護2014.7.18  放鳥3

キジ      2014.7.8   保護2014.7.18  放鳥4

箱から飛び出して勢いよく飛んでいきました!

 

 

7月 16

カラス

2014年6月24日搬入 (千葉県 千葉市)

 

6月下旬にカラスのヒナが保護されました。

右肩関節の脱臼と左脚の打撲の症状がありましたので、

脱臼した場所を元に戻す治療をしました。

エサも自分でたくさん食べ、怪我の方も良くなってきましたので先日放鳥しました!

ハシブトガラス2014.6.20保護2014.7.12放鳥 2

 

ハシブトガラス2014.6.20保護2014.7.12放鳥3

無事に飛んでいきました!

 

6月 20

キジバト

2014年6月2日搬入 (千葉県 市原市)

キジバト2014.6.2保護 DSC08159

6月上旬に保護されたキジバトのヒナです。

このキジバトは、保護された方の自宅前に箱に入って置かれていたそうです。

 

病院で診察してみたところ、特に外傷はありませんでした。

ただ、野生に帰るにはまだ体が小さいので、もう少し病院で保護する予定です。

 

エサもたくさん食べて元気に成長中です!

保護されたときに比べると随分大きくなりました。

 

~最近のキジバト~(6月20日現在)

キジバト2014.6.2保護 DSC08193

大きさもそうですが、羽の色や生え方も変わってきました!

 

H.26年7月16日 追記

保護されてから1ヶ月以上が経ち、エサも自分で食べれるようになり、体も随分大きくなりましたので、先日放鳥しました!ちゃんと飛んでいけるのか心配でしたが、元気に飛んでいきました!

キジバト2014.6.2保護 2014.7.12放鳥

 

 

 

 

6月 06

カワセミ

2014年6月2日搬入 (千葉県 山武市)

カワセミ2014.6.2保護 DSC08135

とてもきれいな色をしているこの鳥はカワセミ(オス)です。

保護した方によると、駐車場で飛べずにいたそうです。

病院で診察してみたところ、特に外傷もなく、飛行することも可能でしたので

翌日放鳥しました。もしかしたら、どこかに衝突して一時的に飛べずにいたのかもしれません。

 

~翌日~

カワセミ2014.6.2保護2014.6.3放鳥 DSC08162

箱から飛んでいき、柵の上に止まりました。

カワセミ2014.6.2保護 2014.6.3放鳥 DSC08164

柵に止まった後、元気に飛んでいきました!

 

3月 08

スズメ

 

ホームページが新しくなりました!!

2014suzume

このスズメは、あの2月の大雪の後に稲毛で保護されたのですが、

保護された方によると、雪に埋もれて動けなくなっていたそうです・・・

いろいろ検査してみると、残念ながら右肢と右翼を骨折していました。

ピンを入れる手術をし、立てるようにはなりましたが、飛ぶことは出来ませんでした。

 

野生復帰は、難しいと判断し、里親さんを募集することになりました

 

餌もよく食べ、元気です。

でも、咬まれると意外に痛いです…(自分から咬んでくることはありませんのでご心配なく)

 

餌は種子類が主食なので、セキセイインコ用のシード(種)や粟穂、稗穂などを主食にして、食べれば青菜も入れてあげてください。

 

スズメは水浴びもするので水浴び用の入れ物も(陶器の器)なども入れてあげると良いかもしれません。

 

この子を生涯看てくださる方、お待ちしております。

 

H.26年5月13日 追記

 先日、里親さんが見つかり新しいおうちへ行きました。

12月 28

鳥獣保護活動報告 2010 まとめ

2010年の保護鳥獣は鳥類34種(130件)、哺乳類4種(14件)でした。

搬入後の転帰は、鳥類では死亡51%、放鳥26%、 当院での飼育継続が2%、発見者やボランティアの方による一時的飼育が21%でした。

また、哺乳類では死亡36%、放獣が43%、発見者の方の一時的飼育が21%となっています。

2010年は雛や幼体の保護数が圧倒的に多かったため、保護理由は善意の誘拐、巣立ちの失敗が多くなっています。

今年の野生動物保護数は、来院数だけを見ると過去最高でした。

巣ごと運び込まれるケースや、多数の雛が一度に保護されることが多く、巣立ちの難しさを改めて考えさせられました。

10top210top4

また、今年は普段あまり姿を見ることのない哺乳類の保護が多かったことも特徴で、昨年一例も保護の無かったアナグマが今年は3例も保護され、いずれも放獣する事ができたことが印象深いです。

 

12月 15

オオタカ

2010年12月15日搬入 (千葉県 茂原市)

10ookata1 

人家でうずくまっていたところを保護されました。

レントゲン検査から肝臓の疾患を疑い、投薬を行いました。食欲は旺盛でした。

搬入から13日、大空高く飛んで行きました。

 

古い記事へ «

» 新しい記事へ